身長が伸びるとされる食事とは

牛乳と身長は?!
身長が伸びる食生活の常識は牛乳をいっぱい飲むって事ですよね。しかしココに盲点があるのです。 牛乳はカルシウムが豊富ですが、身長が伸びるのにカルシウムでいいのでしょうか?

カルシウムは骨を硬くするのは確かです。 しかし成長期で、身長が伸びる要素は、成長ホルモンを多く分泌する成分が必要です。

牛乳は腸管に膜をはってしまい、栄養の吸収を妨げるので飲みすぎ注意!乳糖不耐性という、日本人には多い体質もありますので、牛乳に頼るのも微妙な感じです。
身長とアルギニン
アルギニン、これはアミノ酸のなか有名な栄養です。 アルギニンは肉にいっぱいあります。 詳しく言うと、子牛肉や鶏肉、いわゆる肉系、牛乳にもありますし、ゴマや玄米、大豆、レーズン、ナッツ類、さらにカカオ系(チョコ)にもあります。

しかしアルギニンを含む食品をバクバク食べれば良いのかというと、それはノーです。

肉は食べ過ぎると太るし、牛乳は最高だと思って飲みすぎると腹を下し、さらに栄養吸収が阻害される。

チョコも食べすぎは良くないし・・・・程ほどにいろいろな種類を食べるのがいいのです。

さらに、アルギニンは夜寝るちょっと前に食するのが良い。 成長ホルモンは深夜2時くらいがいちばん分泌されますから。
とはいっても寝る直前は胃が休まらないため、就寝2,3時間前に食べるのを済ませましょう。

身長が伸びる可能性がある方法で、食生活改善は毎日の積み重ねによって効果が期待できましょう。アルギニンは成長期は体内で生成されにくいが、成人になると体内で生成できる非必須アミノ酸です。 

余談ですが成人ならアルギニンをとる必要は無いと理屈ではいえましょう。 準必須アミノ酸だからなのですね。 しかし、アルギニンを補う事によって、体が元気になり、精力も強くなり、いろいろいい事が増えますね。成長ホルモンに関係するアミノ酸ですので。

まだ若くて、成長期にかかっているのなら、積極的にアルギニンを摂る様にしよう! 今回は成長期で身長が伸びる方法を伝えました。 栄養で身長が伸びるのは成長期がメインだからです。 成長期を過ぎた人はどんなに成長ホルモンが分泌されても伸びるのは無理ですからね。